電気自動車普及の要!EV充電設備の設置

詳細記事

 
67PV

電気自動車普及の要!EV充電設備の設置

2022年04月26日 19:00:00ライター:田上カテゴリ:

あんじゅホームで住宅コンシェルジュをしている田上(タノウエ)です。
本日は、『EV充電設備の設置』についてお話しさせていただきます。

2022年4月22日(金)に東京都の小池都知事は、東京都内で建築物を新築する際、『EV充電設備の設置』を義務付ける条例の制定を目指すと発表しました。
これは戸建住宅のみならず、大規模なビルやマンションも対象としたい考えで、温室効果ガスの削減を目指したい意向です。

この小池都知事の発表よりも前に、ポルシェジャパンとアウディジャパンが共同事業「プレミアム チャージング アライアンス」をプレスリリースしました。
アライアンスの最大ポイントは、最大150kwの急速EV充電設備を2022年末までに102基、2024年までに152基まで両社ディーラーを中心に拡充し、ポルシェとアウディのBEV(バッテリー式電気自動車)モデルオーナーはどちらの設備でも急速充電ができるようになり、さらにスムーズな長距離移動が可能となることです。

外車の多くは欧州を軸にEV化を進めており、日本で外車を販売する際のネックが『EV充電設備の設置』でした。
そのネックを解消してお得意様である日本でBEVモデルを販売できるように、ポルシェとアウディが手を結んだという事です。

このように東京都のシロガネーゼ通りを中心に、大都市にこのような『EV充電設備の設置』が増えていけば、急速に日本のEV化が加速するものと思われます。
それに伴い行政や自動車業界の改革も進みますので、同じように住宅業界も『EV充電設備の設置』を加速化しなければならないと感じます!

また自動車だけでは無く、若者に人気のバイクのEV化もやってくると思います。
現在、小型バイク125ccが、日本の若者を中心に爆発的に流行っております。
私も知っている「ダックス125」が、ホンダから7月に発売されると発表がありました。
随分前からアジア諸国についてはバイクのEV化が進められているので、お車をお持ちで無い方も『EV充電設備の設置』については、頭の片隅に置かれる事をお薦めいたします。

『EV充電設備の設置』や太陽光発電にご興味のある方は、是非ともお問い合わせください。
皆さまからのお問い合わせを、ドンドンお待ち申し上げております。

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
ストレスを抱えていませんか?
本日は、『ストレス』についてお話しさせていただきます。
3割減⁈大手ハウスメーカーの住宅展示場
大和ハウス工業は、6/10(金)に全国の住宅展示場を5年で3割減らすと発表されました。
電気の上手な利用が求められています
本日は、『節電依頼』についてお話しさせていただきます。
住まいも人もメンテナンスが大切!
本日は、『骨太方針2022』についてお話しさせていただきます。
ジキルとハイドが現実に⁈
本日は、『ジキルとハイド』についてお話しさせていただきます。
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (567)
お知らせ (64)
あんじゅホーム社長ブログ (100)
戸建て工務店 現場レポート (108)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (103)
あんじゅホーム社員ブログ (538)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
田上田上
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.