DM・あすなろ通信

詳細記事

50PV

2019 自由空間工房 4月号

2019年04月04日 10:41:20ライター:あんじゅリフォームカテゴリ:DM・あすなろ通信

 

今月のトピック     

   「建築法令、建築設備などの説明」

 

○一言

こんにちは。設計図書の作成、申請、構造を担当しています、
設計二課 草野です。 
 
とうとう花粉の季節が来ちゃいましたねぇ。 (゚д゚)!
 
あんじゅホーム内社員は、風邪をひいていませんが、
マスク率が上がっています。
私も出社して、パソコンの電源を付けるまで、マスクマンの状態です。
(※パソコン使用時は、メガネをかけるので
メガネが曇らないようにマスクを外しています。)
 
 
今年の花粉の飛散量は、大阪、神戸周辺で去年と比べて微増。 
ここ10年間の平均値の約1.5~1.6倍ぐらいのようです。
  
スギの花粉は、近畿は3月上旬がピーク、原稿を書いている今が
一番のピークのようですね。  
このお手紙が届く頃には、ヒノキ花粉が猛威をふるっているかもですね。
ムズっムズっ  
 
花粉の飛散量を調べていて驚いたのですが、奈良県天理市の
飛散量は、この周辺地域の約4倍程度、大阪市内と比べると
7倍以上多いそうです。
 
神戸の花粉量でも懲り懲りなのに、奈良に行ったら
どうなってしまうのでしょう?
こう書いているだけで、私の鼻がムズムズしてきました。
くしゅんっ!
 
この間、LIXILの新商品を大阪南港まで見に行って来ましたが、花粉、
ダニ、アレルギー対策のタイル、「アレルピュア」のデザインが増えていました。
デザイン性を兼ねており、特にメンテナンスを必要としないアレルギー対策になりますので、
ご興味のある方は、調べてみてください。
自然素材も良いと思いますし、良いものがあればまたご紹介させて頂きますね~。(^o^)
 
 

 ○建築法令、建築設備などの説明  

前回は、「窓の断熱性能」について説明させて頂きました。
建物内で一番断熱性能のウィークポイントになるのは、
「窓」になり、窓を良い物に変えると 建物全体の断熱性能が非常に上がります、
とお伝えさせて頂きました。
 
例えペアガラスであったとしても10年前と今の良い商品と比べると約8倍の性能差があり、
本当に変わってきます。
 
性能の高い窓として「樹脂サッシ」と「アルミ樹脂複合サッシ」があり、
「樹脂サッシ」は それだけで高性能ですが、「アルミ樹脂複合サッシ」は
熱貫流率の値の小さいものが (※2W/㎡・K以下など)良いです、
とお伝えさせて頂きました。
 
今回は、当社にとってはタイムリーなお話し、
社会的には少し遅れたお話しかもしれません。
 
去年の6月18日の大阪府北部地震で 高槻市でCB塀が倒れて悲しい事件が
起こりました。 その関係だと思いますが、
ついこの間、申請を提出している案件で、現在あるCB塀を
撤去するようにと 指導を受けました。
(※当社にとっては、初めての指導です。)
 
どういう敷地状況かと言いますと、隣地境界部の既存 石積擁壁の直上に
CB塀が6段 (擁壁上の地盤から高さ1.2m)建っていました。 
 
場所は神戸市です。法令でCB塀は、高さ1.2m以下、補強コンクリート
ブロック塀は、2.2m以下にしなければならない とあります。
 
 
どこからの高さと法文にはうたって無く、神戸市及び周辺地では、
(当社の施工範囲内では)擁壁の上の建物が建っている地盤面から
1.2mと見ていました。
 
今回、指導を受けた内容は、 
「石積擁壁下からの高さで見て下さい。」というものでした。
確かに擁壁下からCB塀を見上げたら危なく感じます。
 
今回の石積擁壁は、高さがそれだけで1.8m有りましたので
その上には、CB塀は一段も建てられない事になります。
 
また補強コンクリートブロック塀であったとしても2段までとなります。
(1段高さ:20cm)
 
補強コンクリートブロック塀は、高さ1.2mを超えるとその塀の垂直方向に控え
壁を 設けなければなりません。 
 
指導を受けた内容のまま考えると今回の擁壁直上に造るなら2段までで
更にその2段に 対して控え壁を造らなければならないとなります。
指導内容のまま受け取ると、少し大げさな内容となります。
 
 
上記の指導内容を避けるには、どうすれば良いかと言いますと 
擁壁の直上に建てるのでは無く、少し敷地側に寄せて擁壁とは
別構造として塀を建てる場合は、この敷地地盤面からの高さで
大丈夫な様です。
 
 
ちなみに補強コンクリートブロック塀とは、
ブロックとブロックの間に鉄筋を通しており、ブロックの
空洞部分にしっかりとモルタルを詰め込んだ物のことです。 
私がCB塀と呼んでいる塀には、鉄筋が入っていません。
 
はっきりと言ってこの鉄筋の入っていない塀は、構造耐力上、建てるべきではないと思います。
当社では、必ず補強コンクリートブロック塀としています。
 
この指導は、今後の建築費用にも関わってきますし、敷地側に塀を控えて建てるとなると
プランにも影響を及ぼします。
けっこう大きな事になりそうですので、まずご報告させて頂きました。
 
最後までお読み頂き有難うございます。 
 
 
 
 
 
 
 
  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
2019 工務だより 4月号
2019 カマろ日記 4月号
2019 マイホームびより 4月号
2019 ふれふれ不動産 / めんてなん…
2019年 あすなろ通信 最終号 発刊
カテゴリ
あんじゅホーム社長ブログ (102)
お知らせ (58)
DM・あすなろ通信 (273)
戸建て工務店 現場レポート (100)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (70)
現場見学会・内覧会のお知らせ (28)
ラジオ音源 (26)
【あんじゅホーム初】モデルルームプロジェクト (14)
あんじゅホームの家づくりについて (42)
家づくりお得情報 (11)
ふれふれ不動産 (13)
あんじゅホーム社員ブログ (9)
KOBEとまり木 (3)
スタッフで絞る
社長社長
桂
田中田中
草野草野
菅原菅原
安良城安良城
山口山口
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
田代田代
鎌田鎌田
中山中山
松好松好
川崎川崎
櫂作櫂作
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.