神戸のリノベーション・リフォームブログ

詳細記事

108PV

昭和レトロ漂うお部屋へリノベーション(2)キッチン編

2020年02月21日 9:15:48ライター:あんじゅリフォームカテゴリ:神戸のリノベーション・リフォームブログ

春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
こんにちは!リフォーム/アフター担当の藤本です。
 
今日のリフォームブログは中古のマンションをご購入後、
リノベーション工事をさせて頂きました物件、前回の続きをご紹介いたします。
 
設計は近畿大学 建築学部 准教授
建築・都市コモンズ研究室 高岡 伸一先生
施工はあんじゅホームが担当いたしました。
 
リノベ前でも十分キレイで、そのまま使えそうなキッチンでしたが
昭和レトロがお好きなお施主様が選ばれたキッチンは…??
 
素敵に仕上がっております!
 
BEFORE
 
 
 
 
既存のⅡ型キッチンを取り外したところです。
 
AFTER
 
Ⅱ型→Ⅰ型キッチンへ変更いたしました。
Ⅱ型キッチンは作業スペースが広くなるというメリットはありますが、
キャビネットを2つ設置することができる広いスペースが必要となります。
男性おひとり住まいのお施主様は、キッチンスペースを狭められ、
リビングを広げることをご希望されたため、Ⅰ型へ変更となりました。
スペースに制限がある場合は、I型キッチンなどコンパクトに設置できるキッチンが
おススメです。
 
キッチン床はフロアタイル仕上げです。
 
フロアタイルといっても本物のタイルではなく、塩ビ素材のタイル床材です。
塩ビ素材は、プラスチックの一種で、食品を包装するラップや、
靴やカバンの素材として使われる合成皮革や、文房具、床材や窓枠などの建築資材、
水道管などにも使われています。油に強く耐久性があるのでキッチン等の水廻りにも
適しています。
 
なんと言ってもお掃除がラクで、とても扱いやすいのが魅力です。
メンテナンスのしやすさは住み心地にも大きく関わってきます。
また、自然素材のインテリアにとてもなじんでくれます。
自然素材とフロアタイルの組み合わせは、住みやすいお家づくりを考えたときに
ぜひ採用して頂きたいな^^と思います。
 
お施主様の素敵なセンス溢れる、昭和レトロなリビングがチラリ。
広々としたリビングを見渡せる、明るいキッチン。お料理も楽しくなりそうですね!
 
 
 
 
 
 
 
  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
壁一面の本棚をリフォームで
壁一面の本棚、収納棚をリフォームで叶えます。
玄関ドア&キッチンの交換リフォーム
玄関は家の顔であり、綺麗にしておきたいという方も多いですよね。
お手本にしたい!マンションリフォーム②
仕切り戸を変えるだけで!
お手本にしたい!マンションリフォーム①
リフォームの要、キッチンとバスルームをご紹介いたします!
築35年マンションをフルリノベーション(…
築35年のマンションをフルリノベした一例です。
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (122)
お知らせ (58)
あんじゅホーム社長ブログ (102)
戸建て工務店 現場レポート (105)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (98)
あんじゅホーム社員ブログ (404)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
松好松好
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.