神戸のリノベーション・リフォームブログ

詳細記事

32PV

全国で床上浸水の被害が多発!

2019年11月24日 16:15:55ライター:松好カテゴリ:神戸のリノベーション・リフォームブログ

お久しぶりです。

リフォーム担当の松好です。

 

今年も残念ながら多くの被害をもたらした台風ですが、

特に目立ったのは床上浸水ではないでしょうか?

 

これからも起こりうる水害について対策などをご説明します。

 

水害には主に2種類あります。

外水氾濫

 ・・・集中豪雨などにより河川の水位が上がり、

    堤防から水が溢れたり、決壊することにより起こります。

 

内水氾濫

 ・・・集中豪雨などにより下水道の処理能力を上回り、

    排水しきれず溢れてしまうことで起こります。

 

最近は都市化が進み昔は土だったところがコンクリートになり、

雨水が浸透しにくくなりより土地の低い場所が被害を受けることも

多くなってきました。これを【都市型水害】といいます。

 

どうしても短時間に雨が多く降ると、浸水は起こってしまします。

その時、家に浸水させないためにも事前準備はしっかりと行いましょう。

主に以下のような対策ができます。

 

屋外対策

 1.下水道の側溝や雨水マスの清掃

  ゴミが詰まると正常に排水できませんので、

  台風が来る前に掃除をしてしまいましょう。・

 

 2.土のうまたは水のうで侵入経路にバリケードをつくる。

 

 3.侵入しそうな箇所に止水板を設置

  テーブルや合板などをブルーシートで包めば簡易的な止水板ができます。

 

屋内対策

 1.屋内の排水口(キッチン・洗面台・トイレなど)に逆流防止。

  簡単にできるの水のうを排水口に置くことです。

 2.侵入しそうなところに、排水ポンプを設置する。

  排水ポンプはホームセンターでも買えますので、

  ぜひ一台は準備したいですね。

  

 3.事前に車両の移動

  今年の水害で車に閉じ込められた方が亡くなってしまうことが

  頻繁に報じられていますので勿体ないと思って浸水してからの

  移動はやめたほうが良いです。

 

また、住宅の火災保険に関しても注意が必要です。

床上浸水は水害になりますので契約プランによっては、

水害が対象外になることがあります。

ですからしっかりと現在のプランの対象が何かを確認しておきましょう。

 

あと、盲点なのですが保険や地域ごとの補助金は、

一般的に【床上】浸水(地盤面から45cm以上)が対象なので、

【床下】浸水は対象にならないことが多いので、

手間がかかる床下の清掃などが対象になりません。

 

弊社でも保険のご相談もお受けできますので、ご不明な点があればご連絡ください。

 

簡単にはなりますが、水害についてお話させいただきました。

 

最後に大前提ですが、

一番大事なのは自分たちの命ですので、

危ない状況での作業はせず必ず避難をしましょう。

 

 

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
屋根の葺替え
瓦からカラーベストへ
リフォーム工事の補助金って?
工事の際に利用できれば、お得になる補助金をご紹介します。
日本の課題 空き家
7軒に1軒ある空き家の問題に焦点をあてます。
マンションの壁にカビが・・・
停電時もこれがあればバッチリ!
停電時に使えるグッズ①
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (58)
お知らせ (58)
あんじゅホーム社長ブログ (102)
戸建て工務店 現場レポート (103)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (84)
あんじゅホーム社員ブログ (384)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
草野草野
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
山口山口
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
松好松好
櫂作櫂作
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.