住まいづくりのお役立ちコラム

詳細記事

100PV

見えない部分もしっかり施工!ズバリ、構造見学で注目すべきポイントは?(前編)

2019年09月12日 19:00:00ライター:あんじゅ公式カテゴリ:住まいづくりのお役立ちコラム

こんにちは、あんじゅホームです。

突然ですが、皆様は建物の構造見学をしたことがありますか? 部材や施工の良し悪しが表れる構造は、家づくりを考えるなら一度は見ておいていただきたい部分。

ただ、「構造見学の見どころが分からない!」という方も多いですよね。

そこで今回は、構造見学で見るべきポイントと、あんじゅホームならではの施工・部材のこだわりをご紹介します。実例画像はすべて当社の現場ですよ♪

 

~構造見学で見るべきポイント~

①キレイな現場が保たれている?

現場がキレイかどうかで、お客様の大切な住まいをどう扱っているか、会社の意識が分かります。整理整頓されていると作業もスムーズです。

また現場マナーや近隣住民への配慮がない施工会社に依頼すると、入居後ご近所トラブルになることも。しっかり見極めましょう。

 

②基礎の高さは十分ですか?

もし基礎部分をご覧いただける機会があったなら、ぜひチェックしていただきたいのが基礎の高さ。 長期優良住宅の規定は330mm以上。当社物件はさらにゆとりを持たせた450mmです!

③コンクリートや鉄骨の品質は?

当社ではコンクリートと鉄骨の品質を厳しくチェック。コンクリートは、基礎へ流し込む前に受け入れの検査をしています。鉄筋に関してはJIS規格品を使用。鋼材検査証明書(ミルシート)で品質を確認します。

このあたりは見て判断しづらい場合もありますが、JIS規格品採用かどうかなど、使用部材について案内担当者にご質問いただくことはできるはず。良心的な工務店や施工会社であれば、こころよく説明してくれますよ。

 

④柱や筋交いの太さは?

標準的な筋交いの太さは45mm×90mmですが、あんじゅホームでは45mm×90mmのものを使用。揺れや衝撃に強い、しっかりとした部材です。

 

⑤接合部の金具やボトは、どうなっている?

当社の現場では画像のように、ボルトを締めたらスプレーでマーキング。ヒューマンエラーによる、締め忘れを防止しています。またボルトとナットのセットにも注目を! スプリングワッシャーによって、ボルトのゆるみを防いでいます。

 

⑥以降は、次回お届けします。ぜひ続けてご覧くださいね♪

 

  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
あんじゅホーム創業物語①~創業前夜~
あんじゅホームの創業物語。創立から20年の節目を迎えるにあたり、これまで歩んできた道のりや創業経緯をお伝えする「あんじゅホーム物語」を本日よりお届けします。
専門家に聞く住まいの収納①「使いやすく綺…
新連載スタート!本日より定期的に「専門家に聞く住まいの収納」に関するお役立ち情報をお届けします。1回目はキッチン収納術、家事動線を考えた便利な収納からスッキリを維持するポイントをご紹介します。
多彩なテラスや庭で、べランピング&おう…
今年は新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛で、我が家での“おこもり”をどうエンジョイするかということが課題に。 外出しなくてもオープンエアでリフレッシュできるべランピングをご紹介します。
あんじゅホームの家は高断熱で省エネ!HE…
HEAT20という言葉を聞いたことがありますか?あんじゅホームの家は高断熱で省エネ、HEAT20・G1以上が標準です。これからの時代に即した断熱基準についてご紹介します。
スタッフインタビュー⑫ 工務部 森本 雅士
あんじゅホームのスタッフ紹介。本日は工務部の森本です。入社のきっかけや現在の仕事内容、休日の過ごし方などを伺いました。
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (104)
お知らせ (58)
あんじゅホーム社長ブログ (102)
戸建て工務店 現場レポート (105)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (97)
あんじゅホーム社員ブログ (402)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
山口山口
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
松好松好
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.