あんじゅホーム社員ブログ

詳細記事

22PV

改正建築物省エネ法の研修を受講(後編)

2021年01月27日 19:00:00ライター:田上カテゴリ:あんじゅホーム社員ブログ

あんじゅホームで住宅コンシェルジュをしている田上(タノウエ)です。
本日は、前回に引き続き、改正建築物省エネ法の研修を受けた内容の続きをお話しさせていただきます。

「改正建築物省エネ法」の背景とは

「パリ協定」(2016年11月発効)を踏まえた温室効果ガス排出量の削減目標の達成等に向け、住宅・建築物の省エネルギー対策の強化が喫緊の課題となっています。
そこで、省エネ基準を満たす建物の増加を目的とし、2021年4月1日より建築士が建築主(お客様)に対して書面を交付し「省エネ性能」について説明する義務を負うことになりました。

 

省エネ基準を満たすための重大ポイントは「サッシ」にあり

寒い時期に窓辺へ近づくと、結露や寒さで嫌な想いを感じた方も多いのではないでしょうか。
これは、サッシの性能が大きく関係しています。

実はサッシにも「アルミ樹脂複合サッシ」と「樹脂サッシ」と2種類あり、「樹脂サッシ」の方が断熱性能に優れており、省エネ基準の性能値でも「樹脂サッシ」の性能が上になります。

ただ「樹脂サッシ」を使用している住宅会社は、まだまだ少ないのも事実です!

事実、住宅展示場に出店している大手ハウスメーカーの多くは、「アルミ樹脂複合サッシ」を使用しております。

樹脂サッシ(YKK AP公式サイトより引用)

 

地球温暖化対策にもつながる「ZEH」

地球温暖化対策の面から見ても、住宅・建築物の省エネルギー対策の強化が課題となっています。そこで提唱されているのが一次エネルギーの消費量と創るエネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」です。

そのZEH住宅を建築する為の省エネ基準適合判定でも、断熱材の厚みを変えるよりも「アルミ樹脂複合サッシ」から「樹脂サッシ」へ変更することがZEH判定への近道とされています。建築後のOB様宅へ伺った際の体感性能値としても、「樹脂サッシ」の方が良いと感じます。

 

 

あんじゅホームでは、住宅性能を重視した家を提案して参りたいと考えておりますので、「樹脂サッシ」を提案する事が多くなると思います!

他社では「アルミ樹脂複合サッシ」を「樹脂サッシ」にすると高くなる場合がありますが、あんじゅホームでは金額差はございません。
デザイン性や使い勝手の違い、建築する地域等でご提案させていただきますので、「省エネ性能」についてご提案する際に詳しくご説明させていただきますね!

ぜひ新築をお考えの際は、あんじゅホームにご相談ください。

  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
あんじゅホームのライフプランナー
あんじゅホームでは、家づくりを行う前に「ライフプラン」を行っております。 理由は、大概のお客様が住宅ローンを組むにあたり将来的に問題ないだろうか?という不安を抱えておられるからです!
聞き上手は、説明上手!ショールーム案内で…
本日は、お客様とショールームへ行った際に感じた事をお話しさせていただきます。 同じ商品説明をお願いしていても、接客スタッフの説明方法で随分とお客様が感じる印象が違うのだと感じます。
家の価値「家は貯金箱」
さまざまな目的を持って家づくりを検討されていると思いますが、私自身は『家は貯金箱』として捉えております。
V2Hって何?
V2Hとは「Vehicle to Home」の略で、日本語訳では「クルマから家へ」と言う意味の言葉になります。 具体的には、電気自動車(EV)に貯めている電気を住宅にも使える仕組みの事を『V2H』と呼んでいます。
田上の個人的計画
本日は、私の個人的な密かな企みについてお話させていただきます。 私も今年で54歳になりますので、定年まであと10年程となります。
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (267)
お知らせ (62)
あんじゅホーム社長ブログ (99)
戸建て工務店 現場レポート (106)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (100)
あんじゅホーム社員ブログ (424)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
田上田上
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.