住まいづくりのお役立ちコラム

詳細記事

281PV

24時間換気システムの特徴とメリット・デメリット

2020年12月31日 19:00:00ライター:あんじゅ他スタッフカテゴリ:住まいづくりのお役立ちコラム

あんじゅホームで住宅コンシェルジュをしている田上(タノウエ)です。
本日は、計画換気についてお話しさせていただきます。

現在建築する家には、二時間で一回家中の空気が入れ替わる「換気システム」(「24時間換気システム」とも言われる)を導入する事が法的に義務付けされております。
このコロナ禍では、これから建築するお客様にとって大変ありがたい事ですよね!

計画換気システムと言っても、

・第1種換気
第2種換気
第3種換気

と3種類あることはご存じでしょうか。
実は多くの会社が、その3種類のうち価格の面で第3種換気を設置している事が多いようです。

第3種換気の特徴は、給気は窓などの開口部から給気する「自然給気」で、排気は換気扇を利用した「機械排気」です。

この第3種換気に注意していただきたいのは、「建物精度によるすき間風がない家(=気密性の高い家)」であることです。

建物精度が良くない建物であれば、家の隅に滞留している空気が淀み、換気できにくい状態になります。換気システムを良好に作動させる為には、建築会社の取り組み姿勢や大工さんの技量、また監督や設計士の監理能力による所が大きいと感じます。

 

それに対して、第1種換気は給気・排気ともに換気扇を利用した「機械換気」で、その多くは、屋根裏に機械を設置し各部屋へダクトを這わして空気を入れ替えるシステムを組んでおります。

メリットとしては、第3種換気のように外気を直接家の中へ循環させるシステムよりも、冬は暖かく、夏は涼しく感じることです。
なぜなら、冬の寒い冷気を直接部屋に循環させず、機械の中でお部屋の暖かい空気と外の冷たい空気を混ぜ合わせて家の中に循環させるからです。

逆にデメリットとしては、ダクトを各部屋に這わせる際に技量が必要であり、機械が壊れた時は屋根裏をめくらないとダメなので大掛かりな工事となります。
ただし、それを回避する機械もあります。
それが、第一種換気の「ダクトレスタイプ」。
万が一の大掛かりな工事を懸念される場合は、第一種換気のダクトレスタイプをお薦めいたします。

 

なお、あんじゅホームでは第1種換気ダクトレスタイプ標準仕様としております。

見学会などでも実際に見て、室内温度などの体感も出来ますので、ぜひご興味のある方はあんじゅホームにお問い合わせください。

  • facebook
  • twitter
  • はてなblog
  • LINEで送る

コメント

  • コメントはありません。

コメントする (承認になっております)

お名前

コメント

関連記事
新しくなったパナソニックショールーム大阪…
今年3月に移転し、新しくなったパナソニックショールーム大阪に行ってきました。
新たな門出を応援!
本日は、『アットホームなスタッフたち』についてお話しさせていただきます。
施工実例が紹介されました!
「家語 -いえがたり-」にあんじゅホームの施工実例が掲載されました。
今日が最終日!大学入学共通テスト
本日は、『大学入学共通テスト』についてお話しさせていただきます。 昨日と今日は、受験生や親御さんにとっては人生の一大事です!
十日えびすに行ってきました。
1月9日から11日までの3日間行われる「十日えびす」ですが、私たちあんじゅホームは本えびすである1月10日(月・祝)に西宮神社を参拝しました。
カテゴリ
住まいづくりのお役立ちコラム (667)
お知らせ (65)
あんじゅホーム社長ブログ (100)
戸建て工務店 現場レポート (108)
神戸のリノベーション・リフォームブログ (103)
あんじゅホーム社員ブログ (594)
スタッフで絞る
社長社長
田中田中
菅原菅原
あんじゅ他スタッフあんじゅ他スタッフ
あんじゅリフォームあんじゅリフォーム
鎌田鎌田
中山中山
あんじゅ公式あんじゅ公式
宮崎宮崎
森本森本
田上田上
お知らせ
情報はありません
新築一戸建て・二世帯住宅は神戸のあんじゅホーム|建て替えやリノベーションも対応 © 2005- Anju Home Co.,Ltd.